構造物調査

Non-destructive
非破壊検査

非破壊検査とは、"物を壊さずに"その内部の傷や、表面の傷、劣化の状況を調べる検査技術のことです。
昨今、環境保護のために今ある建築物や各種設備について、可能な限り長期間にわたって利用することの重要性が説かれています。それらの安全性を確認しながら維持することによって、廃棄物を極力減らすことができるのです。
非破壊試験は、素材からの加工工程及び完成時の製品の検査、設備の建設時の検査などに適用することにより、製品や設備の信頼性を高めて寿命を延ばすことに役立っております。また保守検査の一環として非破壊試験を適用することは、使用中の設備などを長期にわたって有効に活用することにつながります。
この結果、廃棄物を減らせる非破壊試験は、自然環境を維持するために非常に有効な技術です。このように、非破壊試験は社会の安全を確保するための技術の一つであり、今後ますますその重要性が高まると考えております。

非破壊検査

国土交通省大臣官房技術調査

微破壊・非破壊試験によるコンクリート構造物の強度測定試行要領(案)

試験法 補修の要否 試験可能時期 試験実施必要条件
微破壊 外部供試体 不要
(美観等の
問題により
必要な場合
もあり)
脱型直後
から可能(注1)
必要水平幅として外部型枠
寸法+100mm以上
18.0N/mm2~130N/mm2
Gmax40mm以下SL8cm以上(注3)
内部供試体
(小径コア)
必要 強度10N/mm2
以上より可能(注2)
部材厚さとしてコア直径の2倍以上 70.0N/mm2以下普通骨材Gmax
40mm以下
非破壊 超音波法 不要 脱型直後から可
能(注1)
必要幅として1,000mm以上
(探触子設置間隔)
特になし
衝撃弾性波法 必要幅として450mm以上
(探触子・ハンマー間隔
厚さ100mm以上
幅200mm以上
長さ450mm
または700mm以上

注1) 現場の工程に支障の及ばない範囲において、可能な限りコンクリート材齢28日に近い時期
注2) コンクリートの配合によるが目安として打設日から1週間以後
注3) スランプ8cmは購入時に指定する値であり、測定値は許容の下限値である5.5cm以上のコンクリートを使用

非破壊試験によるコンクリート構造物中の配筋状態及びかぶり測定要領(案)

  • 橋梁上部工

    • 橋梁上部工
    • 橋梁上部工

    電磁波誘導法

  • 橋梁下部工

    • 橋梁下部工
    • 橋梁下部工

    電磁波レーダー法

  • 重要構造物のボックスカルバート工

    電磁誘導法、電磁波レーダー法

  • コンクリート構造物(橋梁・函渠・建築物等)

    • コンクリート構造物(橋梁・函渠・建築物等)

    コンクリートの透気係数
    ①用途
    ・新設コンクリート構造物等の品質管理
    ・カバーコンクリートの品質管理
    ・表面改質材や表面塗布材の効果の確認
    ・塗膜性能の確認
    ②手法
    試験機のセル内の空気を真空ポンプを使用して吸い上げた状態の圧力をゼロとし、その圧力が一定時間でどれだけ浄書するかを測定し、KT値を求めます。

耐震診断調査
Earthquake resistant
耐震診断調査

1995年に発生した阪神・淡路大震災では、多くの建築物が倒壊し大変な被害になりました。その後、耐震偽装問題も発覚し、耐震に対する世間の関心はますます高まっています。

私達は非破壊検査会社としての視点から耐震診断のお手伝いを行っています。非破壊検査の技術を用い、内部の目に見えない傷まで探し出します。

診断項目

  • 部材寸法測定

    構造体に使われている部材寸法を測定します。ボルトのサイズはもちろんのこと、隅肉サイズや鉄骨種別まで記録します。設計図書と比較できるような形で報告書にいたします。

  • 超音波測定

    構造体に使用されている溶接継手を判断するために超音波探傷検査を行います。同時に外観検査を行い判断材料を増やします。

  • 発錆状況調査

    主要部材に発生した錆の状況を調査いたします。

  • コンクリート調査

    配筋状況及びコンクリート強度を調査します。

  • 目視調査

    • 目視調査
    • 目視調査

    目視による調査です。スケッチ、写真等により記録を行います。

  • 寸法測定

    • 寸法測定
    • 寸法測定

    スケール、ノギス、板厚計等を用い対象物の寸法を測定します。

  • 超音波探傷試験

    超音波を対象物に入射し、反射エコーから傷の程度を調べます。また、反射エコーの状況から、溶接継手を判断します。

手法

  • 放射線投下試験(X線)

    携帯式X線装置を用い、X線フィルム上に直接配管内部の情報を反映します。X線は透過する間に物体との相互作用によって透過量に差が生じることから、フィルム上には白黒の濃淡像としてあらわれます。

  • 超音波肉厚測定

    超音波厚さ計を使用します。試験体の表面から超音波のパルスを内部に送り、試験体底面から反射してくる超音波パルスの往復時間を計測します。これにより、底面までの距離(厚さ)を測定する方法です。ロボットを使用することにより、細かいピッチでの肉厚測定が可能になりました。

  • 内視鏡調査

    • 内視鏡調査
    • 内視鏡調査

    内視鏡を開口部から挿入して、目視にて管内部の状況を観察及び記録します。

Deterioration
劣化調査

コンクリート構造物は半永久的な寿命を持つとされていますが、地震など様々な原因からひび割れが発生し、中性化や塩害、アルカリ骨材反応などが起こり、鉄筋が錆び、コンクリートが割れ、ときにはコンクリートが剥落して鉄筋が剥き出しになるといった現象が起こることもあります。
また、コンクリート構造物内部の鉄骨・鉄筋の位置の検知は、構造物の保守管理上必須です。
当社では、最新技術を駆使し表面割れや内部傷を早期に検知し、構造物の安全性や品質を維持していくための資料をご提供します。

劣化調査

老化調査

  • 目視調査

    • 目視調査
    • 目視調査
    • 目視調査
    • 目視調査

    対象物の変状部を調べます。コンクリートのひび割れ状況をスケッチ及び写真により記録し、竣工図面に落とし込みます。クラックスケールによりひび割れ幅も測定します。

  • 配筋及び鉄筋かぶり厚さ調査

    • 配筋及び鉄筋かぶり厚さ調査

    打設後のコンクリートについて、配筋状況を調査します。配筋のピッチからかぶり厚さまで内部の状況を調べます。

  • 鉄筋径調査

    • 鉄筋径調査

    鉄筋径が図面と整合しているか調査します。鉄筋径は引張り強度に大きく影響を及ぼします。はつりにより鉄筋を露出させる方法とX線(非破壊検査)による方法が選べます。

  • たわみ・勾配・不同沈下調査

    • たわみ・勾配・不同沈下調査
    • たわみ・勾配・不同沈下調査

    建物内のたわみや勾配状況を調べます。建物内の適所を測量することにより勾配の分布状況を計測します。

  • アンカーボルト長さ調査

    • アンカーボルト長さ調査
    • アンカーボルト長さ調査

    アンカーボルトの長さを測定することができます。金属面から超音波を入射することで反射エコーを計測します。

  • 放射線透過試験(X線)

    • 放射線透過試験(X線)

    携帯式X線装置を用い、X線フィルム上にコンクリート内部の情報を反映します。鉄筋や電配管等は白く、ひび割れは黒く、白黒の濃淡像としてフィルム上に写し込まれます。

  • 電磁波レーザー法

    • 電磁波レーザー法

    電磁波をコンクリート内に伝播させ反射してくる電波から、対象物の位置及びかぶり厚さを測定する方法です。

  • ひび割れ深さ測定

    • ひび割れ深さ測定
    • ひび割れ深さ測定

    超音波をコンクリート内に入射します。反射または透過エコーからコンクリート内を推定します。超音波がひび割れを迂回する時間から幾何学的に深さを推定し、反射エコーから長さを測定します。

  • 赤外線調査

    • 赤外線調査
    • 赤外線調査

    建物の外壁を赤外線撮影し、温度変化を観察することにより、コンクリート及びタイルの浮き状況がわかります。配電盤の温度分布を調べることもできます。

  • 打診調査

    • 打診調査
    • 打診調査

    打診棒を使用し音の変化から変状部を探し出します。コンクリート及びタイルの浮きが検出可能です。

  • コンクリート強度試験(微破壊試験)

    • コンクリート強度試験(微破壊試験)
    • コンクリート強度試験(微破壊試験)

    「ソフトコアリング」は直径2cm程度のコアで圧縮強度試験及び中性化試験が行えます。
    柱・梁などの鉄筋が密な部材からでも採取が可能です。

  • コンクリート強度試験(破壊試験)

    • コンクリート強度試験(破壊試験)
    • コンクリート強度試験(破壊試験)

    実際に切り出したコンクリートコアを圧縮機にかけ、実際のコンクリート強度を測定します。

  • コンクリート強度試験(非破壊検査)
    反発度法(リバウンドハンマー)衝撃弾性波法

    • コンクリート強度試験(非破壊検査)反発度法(リバウンドハンマー)衝撃弾性波法
    • コンクリート強度試験(非破壊検査)反発度法(リバウンドハンマー)衝撃弾性波法

    測定機器を使用しコンクリート強度を推定します。対象物を破壊することなく強度の推定ができます。

  • 中性化試験

    • 中性化試験

    実際に切り出したコンクリートコアに、フェノールフタレイン溶液を噴霧し測定します。色の変化から中性化がどの程度進行したかわかります。

  • 電磁誘導法

    • 電磁誘導法

    プローブを磁性金属に近づけることによって発生する渦電流の二次電圧の変化を利用して鉄筋の位置、かぶり、鉄筋径を測定します。レーダー調査との違いは主に鉄筋径の測定が可能なことです。

  • タイル付着力試験

    • タイル付着力試験

    タイルの付着力を測定します。タイルに試験用アタッチメントを接着し、タイルが外壁面から剥がれるまで引張り、そのときの最大荷重を求めます。

  • 含水率測定

    • 含水率測定

    コンクリート表面の含水率を測定します。

  • 塩化物量試験

    • 塩化物量試験
    • 塩化物量試験
    • 塩化物量試験
    • 塩化物量試験
    • 塩化物量試験

    電位差滴定により、コンクリート中の塩素イオン量を測定します。粉砕処理も当社にて行っております。